グローバルナビゲーション

荏原第四地区総合防災訓練

更新日:2013年11月5日

荏原第四地区総合防災訓練
荏原第四地区総合防災訓練荏原第四地区総合防災訓練荏原第四地区総合防災訓練荏原第四地区総合防災訓練
11月3日(日)、源氏前小学校(中延6-2-18)で、荏原第四地区総合防災訓練が行われました。

地域の14町会のほか、荏原警察署、荏原消防署、荏原医師会、荏原薬剤師会、東京都柔道接骨師会品川支部、荏原消防団(第4分団、第7分団)、荏原第五中学校生徒など、約1,300人が参加。参加者体験型の訓練として、応急救護訓練、初期消火訓練、地震体験車訓練、物資配布訓練が行われました。

また、救出訓練に伴い、医療救護・トリアージ訓練も取り入れました。救出された人のけがの程度にあわせてトリアージタグをつけて搬送する、より実践的な訓練です。そのほかにも荏原第五中学校生徒、各町会、荏原消防団による放水訓練などが行われました。

会場を訪れ視察した濱野区長は、訓練後に「皆さんの訓練に取り組む真剣なまなざしに感銘を受けました。木密を抱え、火災危険度の高い地域ですが、力を合わせて荏原第四地域を安全・安心なまちにしようと決意を新たにしました」と講評しました。