グローバルナビゲーション

池田山公園のモミジの紅葉が見頃

更新日:2013年11月27日

紅葉見学に保育園児の散歩
目にも鮮やかなイロハカエデの紅葉まばゆいばかりのイロハカエデの紅葉イロハカエデの紅葉紅葉の下で記念写真
11月27日、区立池田山公園では、モミジの一種であるイロハカエデの紅葉が見頃となっています。

池田山公園は、江戸時代、岡山藩主池田家の下屋敷だったところを、品川区が昭和59年に公園として整備したものです。
公園面積は、0.7ヘクタール。高低差を生かした回遊式庭園で、四季を通じて様々な花や草木が楽しめる憩い場として、区民の皆さんに親しまれています。

この日、世田谷区と目黒区から池田山公園を訪れた60代の女性2人組は、「私たちは、2人とも五反田で生まれ育ち、第二日野小学校を卒業した同級生です。モミジの紅葉がきれいだと聞いて、五反田駅で待ち合わせて “ねむの木の庭” に立ち寄ってからここに来ました。まばゆいばかりの紅葉ですね。故郷にこのような公園があってうれしいです」と話してくれました。

 区立池田山公園
  住所 品川区東五反田5-4-35  
  開園時間 午前7時30分~午後5時
  入園料 無料
  電話 03-3447-4676(公園管理事務所)
  交通機関 JR・東急池上線・都営地下鉄浅草線「五反田」駅から徒歩15分