グローバルナビゲーション

地域貢献団体感謝状贈呈式を開催

更新日:2013年11月28日

表彰を受けた24団体
濱野区長あいさつ高林品川区町会連合会会長あいさつ感謝状の贈呈感謝状を贈呈される高塚さん
11月28日(木)、スクエア荏原(荏原4-5-28)で、「地域貢献団体感謝状贈呈式」が開催されました。

地域貢献団体とは、地域の連携や活性化につながる自主的な活動を継続的に活発に行っている団体のことです。区では地域の課題は地域で解決できるような「支え合いの仕組みづくり」を推進しています。そこで、このような団体のより一層の活性化を支援するために、平成19年度から感謝状および記念品を贈呈しています。

本年は、「青少年の健全育成」「高齢者の支援」「健康づくり・介護予防」」「地域の安全保持」「地域コミュニティの育成」といった各分野での活動を継続的に行っている、24の団体に感謝状が贈呈されました。

感謝状贈呈式にあたり、濱野区長は、「私は公約の一つに "協働”をテーマにあげました。協働とは区民の皆様と行政が共に協力しあいながら働くことです。本日は地域の中で地域のためにいろいろと努力されている、つまり協働に参加している皆様に感謝状をお渡しするものです。これからも健康に留意して地域のために働かれることをお願いします」とあいさつしました。

「高齢者の支援」分野で感謝状を贈られた、"大崎四丁目町会 ほっとサロン 笑・笑(えみ・えみ)"の代表を務める高塚純江さんは、「ほっとサロンは月1回の開催で、毎回20人前後の高齢者が参加しています。同世代の仲間が集まって昔話に花を咲かせるのが一番楽しいようですね。皆さんの生き生きとした姿を見ると私もうれしくなります。ほっとサロンを続けられるのも、町会や高齢者クラブの皆さんの協力があるからこそ出来るので感謝しています」と話していました。