グローバルナビゲーション

廃食油で自家発電 目黒川みんなのイルミネーション2013

更新日:2013年11月29日

点灯されたイルミネーション
日野学園の金管バンドのコンサートイルミネーション点灯式点灯されたイルミネーション孫を連れて歩く夫婦光るサクラの花サクラ色に輝く桜サクラと目黒川サクラと目黒川
11月29日(金)、区立五反田ふれあい水辺広場(東五反田2-9)で、サクラ色のLED電球が目黒川沿道を彩る「目黒川みんなのイルミネーション2013」の点灯式が行われました。

使用する電力は、100パーセント自家発電しています。周辺地域の家庭や飲食店などから使用済み食用油を集め、その廃食油から精製したバイオディーゼル燃料をつかって発電する仕組み。
五反田ふれあい水辺広場を中心に、イルミネーションの長さは約1,500メートルにわたり、21万3,200個のLED電球を点灯させています。今年からは、地域住民がボランティアとして、LED電球の取り付けに参加。まさに、地域でつくる地域のための「みんなのイルミネーション」を体現しました。

桜の名所として有名な目黒川で、冬にサクラ色のイルミネーションを装飾するこのイベントは、今年で4回目。昨年は、約26万人が訪れた人気のイベントで、昨年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

点灯式では、区立小中一貫校 日野学園の金管バンドによるコンサートも開催。幻想的なイルミネーションと心地よい音色につつまれながら、一足早く、目黒川のクリスマスが始まりました。

大崎に住む娘家族のもとを訪れていた、福島市在住の夫婦は「きれいですね~ 毎年、この時期に来ているんですよ。孫も喜んでくれて嬉しい」と、2人の孫を連れて桜並木を歩いていました。

【目黒川みんなのイルミネーション2013】
期間:平成25年11月29日(金)~12月25日(水)
点灯時間:午後5時~午後10時
場所:五反田ふれあい水辺広場および目黒川沿道