グローバルナビゲーション

中延小学校で「音楽のアウトリーチ」特別授業

更新日:2013年11月29日

中延小学校で「音楽のアウトリーチ」特別授業
中延小学校で「音楽のアウトリーチ」特別授業中延小学校で「音楽のアウトリーチ」特別授業中延小学校で「音楽のアウトリーチ」特別授業中延小学校で「音楽のアウトリーチ」特別授業
11月28日(木)、中延小学校(中延1-11-5)で、第一生命保険株式会社のCSR活動の一環である「音楽のアウトリーチ」(出張コンサート)が開催されました。

この企画は、昨年5月に南大井に事業所を移転した同社保険金部が、「特別支援学級の児童にプロの生演奏をプレゼントしたい」と区に提案したことがきっかけ。開催校は特別支援学級の歴史が長い、中延小学校に決まりました。

同校は、特別支援学級も含め、日常的に全校でさまざまな活動をしていることから、今回の特別授業「中延ふれあいコンサート」には全校児童が参加することになりました。

プロのバイオリニストとピアニストによる演奏が始まると、児童たちはその迫力に驚いてじっと聴き入り、楽しい曲では体を揺らしながら楽しんでいました。
演奏会の終盤では、普段、児童が練習している曲をプロの演奏のもと全員で大合唱!40分間の演奏時間はあっという間に過ぎ、大きな拍手とともに終了しました。

最後に児童の代表が「授業で習った曲をすぐ近くで聞けたので良かったです」「みんなで合唱できて楽しかったです」とお礼の言葉を述べました。

中延小学校を訪れた9人の同社社員は、演奏会の運営のほかにも、特別支援学級の児童の体育の授業に加わったり、低学年へ本の読み聞かせをするなど、児童との交流を深めました。

品川区では、区の基本構想の一つの理念で「区民(企業)と区との協働で『私たちのまち』品川区をつくる」 を掲げ、企業などの多様な主体と区が協働してまちづくりを推進することを区政運営の基本として定め、今回のような企業の社会貢献活動等を積極的に支援しています。