グローバルナビゲーション

自殺予防対策連絡会

更新日:2013年12月18日

自殺予防対策連絡会
自殺予防対策連絡会自殺予防対策連絡会自殺予防対策連絡会自殺予防対策連絡会
12月17日(火)、区役所で自殺予防対策連絡会が行われました。

全国の自殺者は昨年、15年ぶりに3万人を割りましたが、依然として多い状況にあります。品川区の自殺者数も横ばい状態が続いており、自殺予防のために関係機関の連携が必要とされています。
品川区でも自殺予防対策を包括的に推進しようと、同連絡会で関係各課のほかに品川区・荏原両医師会、区内4警察署にも参加してもらい、取り組みの方向性や内容について検討しました。

まずは、NPO法人自殺対策支援センター ライフリンクの清水康之代表が「自殺対策における自治体の役割」をテーマに講話。プロジェクターを使って他自治体での取り組みなどを紹介し、参加者はメモを取りながら真剣に聞き入っていました。

その後、品川区における自殺の状況や、区の関連課による取り組み事例発表が行われ、庁外の関連組織である品川区・荏原両医師会、区内4警察署からも事例報告がありました。

同連絡会は今年で3回目を迎えましたが、今後もより連携を強化して、自殺予防を推進するために活動していきます。