グローバルナビゲーション

しながわ水族館のお正月

更新日:2014年1月7日

アシカショーお正月バージョン
水中ショーお正月バージョントンネル水槽水槽前で写真を撮る入場者ビッグベリーシーホース水槽を見る祖父と孫クラゲ水槽in2014ミニチュアホースポニーの体験乗馬
しながわ水族館(勝島3-2-1しながわ区民公園内)では、1月13日(祝)まで、期間限定のお正月イベントを行っています。

人気のアシカショーでは、獅子頭をかぶった「クッキー」がお囃子に合わせて獅子舞を披露。水中ショーでは、晴れ着姿のダイバーが魚たちに餌付けを行います。

特別水槽では、干支の「午(うま)」にちなんで、「ウマズラハギ」「カブトガニ」、珍魚コーナーには大型のタツノオトシゴ「ビックベリーシーホース」が展示され、しながわ水族館はお正月一色に染まっています。

1月6日(月)は冬休み中とあって、多くの親子連れやカップルでにぎわっていました。2歳の子どもを連れた夫婦は、「区内の知り合いに聞いてきました。これから和歌山まで帰ります」と話し、また青梅市から来た女性は、「しながわ水族館は初めて来ました。子どもと一緒に見て回るのにちょうどいい広さで、楽しく見て回っています」と水槽をバックに写真を撮っていました。

前日の5日(日)には、こちらも午年にちなんで大井競馬場から七頭のミニチュアホースと三頭のポニーがしながわ水族館にやってきました。騎手服に身を包みポニーの体験乗馬に参加した子どもたちは、嬉しそうに目を輝かせていました。