グローバルナビゲーション

第二延山小学校で書き初め会

更新日:2014年1月9日

書き初めをする4年生
アリーナで書き初め会3枚書いていいものを選ぶ真剣な表情で書く児童真剣な表情で書く児童たち
1月9日(木)、第二延山小学校(旗の台1-6-1)アリーナで、4年生の書き初め会が行われました。

同校では毎年、1、2年生は各教室で、3~6年生はアリーナで書き初めを行っています。
3年生は「お正月」、4年生は「美しい空」、5年生は「平和な光」、6年生は「早春の海」と、それぞれ決められた課題を、新年を迎えた新しい気持ちや今年の目標を思い浮かべながら書き上げます。

4年生の「美しい空」は、漢字とひらがなの文字の大きさがポイント。
漢字よりもひらがなを小さくして、全体のバランスに注意しながら、みんな真剣な表情で筆を運んでいました。

男子児童は、「雲ひとつない青空を思い浮かべながら書きました。今年は、もっと書道がうまくなりたい」と、今年の目標を話していました。
また、女子児童は、自分が書いた文字を見返しながら「無心で書きました。緊張しすぎて、文字が固い感じになったみたい」と感想を述べました。

児童たちの力作は、1月16日(木)~24日(金)まで「書き初め展」として、各教室前の廊下に展示されます。