グローバルナビゲーション

品川区成人式記念式典~今、大人になる時が来た

更新日:2014年1月14日

新成人の実行委員による進行
式場入り口前で待ち合わせ区長あいさつトランペット演奏を披露する浜野区長式典参加者成人式実行委員晴れ着姿の女性たち未来をカタチにコーナーで記念撮影恩師と歓談
1月13日(祝・月)、きゅりあん(東大井5-18-1)で品川区成人式記念式典が開催されました。

今年の成人式は、公募による新成人9人(男5人、女4人)の実行委員が企画・運営を担当。新成人2,470人のうち約1,400人が参加しました。

濱野区長は、新成人へ「『明日の自分は今日の自分よりも一歩前に出る』という言葉があります。仕事でも勉強でも趣味でも、何でも良いので一歩ずつ前に進んでください」と激励の言葉を送りました。また、品川女子学院吹奏楽部による演奏に、トランペットで飛び入り出演。NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」のオープニングテーマを一緒に演奏しました。

式典に参加した社会人2年目の男性は「海外旅行をしたり、外国の人と交流して、もっと視野を広げたい」と抱負を語り、大学生の女性は「年齢に恥じない行動をしたいです」と話しました。

成人式実行委員の発案によるイベントも大好評で、「未来をカタチに」のコーナーでは、二十歳の自分の姿を残しておこうと金屏風を前に記念撮影。「ハタチでわっしょい」と題したビンゴ大会は、数字の代わりに、小学校の時の給食の献立名やアニメタイトルなど、懐かしいワードを用いて行われました。

毎年好評のイベントのひとつ、恩師との交流コーナー「成人と恩師~思い出話の花咲かせましょう」では、学校ごとに設けられたブースに分かれて、小学校、中学校時代の恩師との再会を懐かしみました。

その他にも、品川区明るい選挙推進協議会による選挙啓発「模擬選挙」や品川区華道茶道文化協会による立礼式茶席なども実施され、参加した新成人たちは、久しぶりに会った友人らとイベントを楽しんでいました。