グローバルナビゲーション

平成25年度 税務・納税功労者合同表彰式

更新日:2014年1月31日

記念写真
表彰を受ける清住八重子さん表彰を受ける笹岡妙子さん濱野区長の式辞受賞者の謝辞
1月31日(金)、きゅりあん(大井町駅前)で、品川区と品川都税事務所合同による「平成25年度 税務・納税功労者合同表彰式」が行われました。

表彰状の贈呈は、納税貯蓄組合や青色申告会等で、多年にわたり税務行政の推進に貢献した方に対して、日頃の活動に感謝の意を表するとともに、その功労に報いることを目的に毎年実施しているものです。

本年度は、区長から表彰状を2人、感謝状を17人に、品川都税事務所長から感謝状を8人にそれぞれ贈呈しました。

表彰式にあたり、濱野区長は「区政運営にあたり、様々な施策を着実に実施していくためには、確固たる財政基盤を確立することが重要です。区では区歳入の3割を占める区税収入の確保について一層努めていますが、皆様の納税者意識への啓発活動や税知識の普及などの様々な活動が、安定した区税収入の確保に大きく貢献しているところです。改めて日頃のご労苦に敬意と感謝の言葉を申し上げます」と挨拶しました。

受賞者を代表して挨拶に立った、品川納税貯蓄組合連合会で女性部副部長を務める清住八重子さんは「この栄誉を心に刻み、なお一層業務に励むとともに、その職務の重大さを認識し、今後とも納税者意識の向上に努める所存です」と謝辞を述べました。

最後に記念写真を撮影して、表彰状贈呈式を終了しました。