グローバルナビゲーション

しながわ区民公園の梅が五分咲きに

更新日:2014年2月21日

紅梅の写真を撮る
古木の様相の白梅白加賀と呼ばれる白梅暖かい日は散歩に来るという女性見頃となった白梅
2月21日(金)、しながわ区民公園(勝島3-2-2)内にある梅山の梅が五分咲きとなっています。

しながわ区民公園は、運河を埋め立てて造成した公園で、昭和62年(1987年)に全面オープンしました。土を盛って、ここを梅山として梅の木を植えたものです。この梅山の特徴は、多くの種類の梅を植え、訪れる皆さんにその違いを楽しんでいただけるよう整備したことにあります。
25種類、124本の梅を観賞することができ、植樹してから26年を経て、古木の様相を見せる樹も見られます。

今は、玉牡丹(たまぼたん)、米良(めら)といった白系、唐梅(とうばい)、鹿児島紅(かごしまこう)といった赤系の花が見頃を迎えています。

南品川からいつも散歩に訪れるという女性は「今年は寒さのせいか、開花が遅いですね。でも、毎日、少しずつ花が増えているようです」と話していました。

公園管理事務所の話では「週末から来週にかけて暖かくなれば、花が一気にほころぶでしょう」とのことです。

江戸時代の俳人服部嵐雪は「梅一輪一輪ほどの暖かさ」と詠みました。来週にかけて暖かい日が続くという天気予報が出されています。これから暖かさにつれられて、一輪一輪と花がほころんでいくでしょう。

区民公園の一角には、しながわ水族館もあります。今、スペシャルイルカショーを開催中です。また、3月1日から14日まで、「ハッピーホワイトデー」として様々なイベントも予定しています。ぜひ、しながわ区民公園に足を運んでみてはいかがですか。

しながわ区民公園
住所 品川区勝島3-2-2
電話 03-3762-0655
開園時間 午前6時~午後8時30分