グローバルナビゲーション

品川区町会連合会と地元の連合町会・少年野球連盟から小山台高校へお祝い金を贈呈

更新日:2014年3月6日

小山台高校へ応援募金を届ける
小山台高校へ応援募金を届ける談話の様子談話の様子談話の様子
3月6日(木)、品川区町会連合会・荏原第一連合町会・荏原地区少年野球連盟が甲子園出場のお祝い金を届けに、都立小山台高校を訪問しました。

品川区町会連合会 高林会長は、「初出場なので、野球班だけではなく、学校全体としていろいろな手配や準備に大変なことでしょう。品川区内すべての町会が応援していますので、頑張ってください」と、区内、全13地区の町会連合会からのお祝い金を小山台高校 山崎校長に渡しました。

また、荏原第一連合町会 三瓶会長と荏原地区少年野球連盟 石津理事長から、荏原第一地区の全14町会や地元の少年野球チームからのお祝い金が手渡されると、山崎校長は「当校は、グラウンドは外野フライの練習ができないほど狭く、練習時間も午後5時までと制限が多い中、去年秋の都大会では、試合を重ねるごとにチームがまとまりを見せ、強豪校を次々に撃破していったことにはびっくりしています。みなさんの期待に応えられるように、甲子園でも頑張ってきます」と語りました。