グローバルナビゲーション

東日本大震災から3年 品川区防災フェア開催

更新日:2014年3月10日

品川区防災フェア
品川区防災フェア品川区防災フェア品川区防災フェア品川区防災フェア品川区防災フェア品川区防災フェア品川区防災フェア品川区防災フェア
3月8日(土)、品川区防災フェアが、防災センター・第二駐車場(広町2-1-36)、しながわ中央公園(西品川1丁目)で開催されました。

同フェアは、区内の各防災関係機関が協力して行われたもので、今回で30回目。平成22年までは1月に実施していましたが、東日本大震災以降は震災を風化させず教訓として、災害に備えるため3月に開催しています。

開会式の冒頭で、東日本大震災被災者へ1分間の黙祷を行い、濱野健品川区長は「東日本大震災から3年が経とうとしています。品川区では、防災対策基本条例をもとに防災対策を充実していく予定です。それぞれの場面におきまして、皆様方のお力添えをよろしくお願い致します」とあいさつ。その後、長年にわたって区民消火隊員、ミニポンプ隊員を務め、地域の自助、共助に活躍している区民に感謝状が贈呈されました。

各会場では、各防災関係機関による防災・減災に関する普及啓発のための出展や、ハイパーレスキュー隊訓練の実演のほか、品川纏(まとい)保存会による木遣り、纏振り、はしご乗りなどが披露されました。

また今年は、清掃車で火災が起きたことを想定した消火演習が行われたほか、津波に関する講習会も実施されました。