グローバルナビゲーション

しながわ子ども未来フェスタ2014

更新日:2014年3月24日

シンボルツリー
会場入り口で案内をする少女オープニングを飾った小学生バンドのパッションフルーツゆたか太鼓クラブの演奏ステージに見入る親子しながわキッズ写真展受賞者しながわキッズ写真展授賞式ステージあつまれわいわいひろばステージを見る観客イベント受付クエスト会場高校生バンドの豆腐屋ゲストの湯浅とんぼさんのステージ
3月21日(祝)、大井町駅前のきゅりあんで、「しながわ子ども未来フェスタ」が行われ、多くの親子連れで賑わいました。

このイベントは、区内の児童センターを利用する子どもたちと、その保護者、地域の児童育成に取り組む自主サークル等が集い、日頃の活動の発表や、子育て情報などを発信することを目的に、25児童センターが合同で開催しています。

小ホールで行われたオープニングでは、ゆたか児童センターで活躍している小学生バンド「パッションフルーツ」とゆたか児童センター太鼓クラブが、「品川音頭」の演奏を披露。また「しながわキッズ写真展」の授賞式や、大崎夢さんばしで行われた「パワードリームミュージックフェスタ」の小・中・高各部門の大賞受賞バンドの演奏、そして乳幼児親子向けステージ「あつまれ!わいわいひろば」と、大いに盛り上がりました。

イベントホールは、参加者が勇者になってアイテムをゲットする冒険の世界に大変身。「シンボルの町」として、中心にシンボルタワーが設置され、子どもたちは、各ブースを巡って思う存分楽しんでいました。

6階は、食べ物に関する体験ができる「食育の町」。入り口には、正義のヒーロー「カーズとポーちゃん」の2人が立ち、子どもたちを町へと案内します。おままごとや紙を使ったハンバーガークラフト、キッズカフェでのウエイター・ウエイトレス体験など、年齢に合わせて体験できるコーナーで、楽しく食について学べる場ともなっていました。