グローバルナビゲーション

五反田ふれあい水辺広場でケータリングスタート

更新日:2014年3月21日

五反田ふれあい水辺広場でケータリングスタート
五反田ふれあい水辺広場でケータリングスタート五反田ふれあい水辺広場でケータリングスタート五反田ふれあい水辺広場でケータリングスタート五反田ふれあい水辺広場でケータリングスタート
3月21日(祝・金)、目黒川沿いの川辺に位置する、区立五反田ふれあい水辺広場(東五反田2-9-11)で、ケータリングカーによるランチ販売がスタートしました。期間は平成26年12月下旬まで。

五反田ふれあい水辺広場は、平成21年に東五反田二丁目第2地区の再開発にあわせて整備され、大崎・五反田地区における貴重な水辺として、多くの人々に親しまれています。

区では、河川を拠点とした賑わいの創出を目指して、地域の人々によるまちの活性化や交流につながる事業を支援しています。平成25年3月11日~5月末日まで、社会実験として同広場でケータリング事業を実施。検証の結果、期間が短く、ランチのみの営業で大崎・五反田地区周辺を訪れる方にあまり浸透しなかったため、今年は昨年より拡大した形で社会実験を行うことになりました。

昨年は2カ月弱だった期間を約9カ月に延長し、ケータリングのほかにティータイム等の販売や野菜市などを4月以降に展開する予定。この日は、特製ローストビーフなどのサンドウィッチ店、こだわりのコーヒー店が出店し、広場の賑わいに華を添えていました。

目黒川周辺は、都内でも有数の桜の名所。まもなく到来する桜のシーズンには、人気のランチスポットとなりそうです。