グローバルナビゲーション

区立上神明小学校入学式

更新日:2014年4月7日

区立上神明小学校入学式
区立上神明小学校入学式区立上神明小学校入学式区立上神明小学校入学式区立上神明小学校入学式
4月7日(月)、区立小学校で一斉に入学式が行われ、上神明小学校(二葉4-4-10)では、新入生30人を迎えました。

同校は、全校児童133人と規模は大きくありませんが、教員が児童一人ひとりと接する時間が多いため、きめ細かな教育を行っています。
また、9月には伝統行事となっているぶどう狩りが有名で、2階テラス部分に設けられたぶどう棚で収穫を行っています。その際には、保・幼・小の交流を進める「スクールステイ」事業の一環として、冨士見台保育園の園児を招き、児童と一緒になってぶどう狩りを楽しんでいます。

入学式で、浅木校長はあいさつの前に「(濱野)区長さんからお祝いの手紙をもらっているので、読ませていただきます」と手紙を読み上げました。

濱野区長お祝いの手紙の一部
「入学おめでとうございます。今日、上神明小学校の1年生になりますが、入学を楽しみにしていたことと思います。小学校では友だちと一緒にいろいろ学んでください。しっかりと約束を守り、一生懸命に勉強してください。また、行き帰りの交通事故には十分に気を付けてほしいです」

その後、浅木校長は新入生たちが「考えること」「認め合うこと」「信じ合うこと」「明朗であること」を守って学校生活を送ることを約束。この日駆け付けた保護者に向けては「上神明小学校は、(児童が)少ない人数でも丁寧に育て上げるという方針です。今年は30人と少し多いですが、特別な工夫を考えていますのでご安心ください」と話し、なるべく多くの教員を配置する考えです。

このほかに新入生は、児童代表の6年生から「みなさんと一緒に活動するのを楽しみにしています」と声を掛けられたり、2年生からは歌や一輪車、けん玉、縄跳びなどの「歓迎の出し物」で迎えられ、これからの小学校生活に胸をときめかせている様子でした。