グローバルナビゲーション

日曜開庁の利用者が15万人到達

更新日:2014年4月13日

(右から)濱野区長と日曜開庁利用者15万人目の今西さんと半田さん
日曜開庁の利用者が15万人到達日曜開庁15万人目の利用者 半田悠さんと今西亜季さん日曜開庁15万人目の利用者から婚姻届を受理する濱野区長日曜開庁の利用者が15万人到達
4月13日(日)、品川区役所の日曜開庁利用者が、15万人に到達しました。

この日曜開庁は、区民サービスの向上を目的に、平日に区役所にお越しになるのが難しい方のため、日曜日、区役所本庁舎で戸籍・住民票などの届け出の受け付けや証明書発行などを行っています。

日曜開庁の区民ニーズは年々高まっており、開始から4年半の平成24年7月1日に10万人を突破しましたが、その後も来庁者は順調に増加し、本日、1年10カ月の速いペースで15万人に到達しました。

増加の要因は、平成23年7月に住民税の納付など取扱事務を拡大したこと、さらに平成25年度から月末のシステム保守日も開庁日としたことなどから、利便性がアップしたことによると考えられます。

記念すべき15万人目のお客様は、婚姻届を提出しにきた半田 悠(はんだ ゆう)さんと今西 亜季(いまにし あき)さん。

記念セレモニーでは、濱野区長が、自ら婚姻届を受理し「おめでとうございます。確かにお2人の婚姻届を受理しました」とお祝いを述べた後、「区役所が平成20年1月6日に日曜開庁をスタートしてから、お客様が15万人目の来庁者となります。区役所では様々なサービスを実施していますので、今後も末永くご利用ください」と記念品を手渡しました。

記念品を受け取った半田さんは「こうした記念の日に立ち会えるなんて、正直びっくりしました。今日、これから結婚式を控えていますので、すごく良い思い出になりました。平日は仕事があり区役所に来ることができないため、日曜に開庁してもらえて大変助かります」と幸せ一杯に感想を述べました。