グローバルナビゲーション

舛添都知事が天王洲水門周辺を視察

更新日:2014年4月16日

天王洲水門を視察する舛添知事と濱野区長
舛添知事を出迎える濱野区長天王洲護岸整備地区の視察天王洲護岸整備地区の視察天王洲護岸整備地区の視察
4月16日(水)、舛添都知事が、東京都港湾局の護岸整備地区を視察するため天王洲水門の周辺を訪れました。

天王洲水門は、高潮や津波などの潮位上昇による浸水を防ぐために整備されたもので、同水門を含め品川区周辺には計5基の水門が設置されています。

知事は、視察にあたって濱野区長や港湾局職員からの説明に熱心に耳を傾けていました。
また、区が昨年度作成したDVD「津波自主避難マップをつくろう!」の説明にも高い関心をもったため、区長からDVDが手渡されました。

天王洲地区は、運河ルネサンス推進地区として、区や民間で桟橋等を整備するなど、地域が一体となってにぎわいや魅力の創出に力を入れています。