グローバルナビゲーション

健康大学しながわ入学式

更新日:2014年6月21日

健康大学しながわ入学式
健康大学しながわ入学式 濱野区長式辞健康大学しながわ入学式 入学生宣誓健康大学しながわ入学式健康大学しながわ入学式 助友准教授による講義
6月21日(土)、区役所で健康大学しながわの入学式が行われ、入学生21人が出席しました。

健康大学しながわは、健康について総合的に学び、それをもとに地域で様々な健康づくりの活動ができることを目的に平成21年度に開校したもので、今回入学したのは第6期生。学長は濱野区長が務め、受講者は「公開講座」「健康探求講座」「コミュニケーション講座」「運動講座」の4つの講座から地域で健康づくり活動を展開するために必要な知識を系統的に学びます。

入学式では、はじめに、濱野区長が「健康大学では、これまでに211人の方が卒業され、地域で健康の知識の普及、意識啓発に取り組んでいます。6期生の皆さんもしっかり学んでいただき、品川区民の健康の一翼を担っていただければと思います」と式辞を述べました。

品川区健康づくり推進協議会の上野正巳会長の祝辞に続き、入学生代表の奥野美穂子さんが「ここでの出会いを大切にし、みんなで学んでいきたいと思います」と宣誓。それに対し迎える言葉として、卒業生代表の小浜修一さんが「6期生の皆さんはこれから6カ月間、健康について学び、また、今後の健康活動についても(卒業生たちと)一緒に活動していければいいなと思っています」と話しました。

閉式後には早速、第1回公開講座として、日本女子体育大学体育学部スポーツ健康学科の助友裕子准教授による「『これならできる健康づくり!』~伝えよう、家族、友達、お隣さん~」と題した講演が行われました。