グローバルナビゲーション

天皇皇后両陛下傘寿を記念し、ねむの木の庭で記念植樹

更新日:2014年7月2日

樹名板除幕
区長挨拶植樹記念撮影葉書の語源となったタラ夕の木の葉の裏
7月2日(水)、皇后美智子様のご実家があった旧正田邸跡地の区立公園「ねむの木の庭」で、天皇皇后両陛下の傘寿をお祝いし記念植樹が行われました。

昨年12月23日に天皇陛下が満80歳になられ、10月20日には皇后陛下が満80歳を迎えられます。今年は両陛下が80歳の「傘寿」のお祝いを迎る年であることから、このことを記念し、皇后陛下ゆかりの地「ねむの木の庭」にて植樹を行うことになりました。

植樹したのは「タラヨウ」の木。長楕円形の大きな葉をつけるモチノキ科の常緑樹で、梅雨期が植付の適期になります。

植樹を行った濱野区長は、「今回植えられた木は、かつて葉の裏に文字を書いて情報のやり取りをした木であり、葉書の語源になったとも言われています。両陛下が和歌を愛されることから、この木を選定しました」とあいさつ。また、石田区議会議長は、「このねむの木の庭に、またゆかりの木が増えます。皆さんに親しんでもらえればと思います」とお祝いの言葉を送りました。

【ねむの木の庭】
品川区東五反田5-19-5
JR山手線、東急池上線、都営浅草線五反田駅下車徒歩10分
開園時間 9:00~17:00(17:00以降は施錠)