グローバルナビゲーション

さかなクンの夏休みinしな水~もぐらんぴあと久慈の海 復興応援~

更新日:2014年7月23日

さかなクンもテープカットに参加
テープカットおさかな講座見事に正解公式キャラクターさかなクンが飼っている魚たちさかなクンのオリジナルグッズさかなクンの宝物久慈の海の生き物たち
7月19日(土)、しながわ水族館(勝島3-2-1)で「さかなクンの夏休みinしな水~もぐらんぴあと久慈の海 復興応援~」のオープニングイベントが行われ、タレント・さかなクンがテープカットに参加したほか、子どもたちに向けておさかな講座を行いました。

この企画は、昨年の「さかなクンの夏祭りinしながわ水族館」に続き、第2弾。夏休み期間の7月19日(土)~9月1日(月)まで開催されます。
普段は目にすることのできない、さかなクンの白衣や貴重な所蔵品など“さかなクンの宝物”を展示するほか、さかなクンが復興応援を続けている岩手県久慈市の「もぐらんぴあ まちなか水族館」にちなみ、NHKの朝の連続テレビ小説「あまちゃん」でもおなじみの久慈の海に生息するキタムラサキウニやマボヤ、パーマをかけたような頭部の皮弁が特徴的なフサギンポなど、様々な生物を展示しています。また、さかなクンが実際に飼っているイシガキフグ、ネズミフグなどの水槽も設置。
大人気のアシカショーでは、さかなクンの楽曲「ギョギョンパ音頭」に合わせてアシカが盆踊りを披露します。

さかなクンは、「いろいろな方との絆があって、この感動的な日を迎えられることを本当にうれしく思います。ありがとう“ギョ”ざいます!」と笑顔で挨拶しました。

おさかな講座では、さかなクンが即興で絵を書きながら子どもたちにクイズを出題。千葉県四街道市から来た秋葉椋輔くん(10)は、イシガキフグとネズミフグの見分け方を聞かれると、「トゲの長さが違うんだよ」と見事に正解し、さかなクンを驚かせていました。

さらにこの日、しながわ水族館の公式キャラクターがお披露目されました。長靴を履いたイルカで、普段は銀色のホイッスルを首から提げています。しながわ水族館 野田友行館長は、「イルカのトレーナーになることを夢みているイルカですが、正式なデビューは未定です。金色のホイッスルを提げていたらラッキーで、それに触ると夢が叶うかも」と紹介しました。
キャラクターの愛称は公募によって決定します。公募期間は7月19日(土)~9月1日(月)まで。詳細は、しながわ水族館のホームページをご確認ください。