グローバルナビゲーション

品川の生涯学習 特別講演会「いまを生きる力」

更新日:2014年8月1日

特別講演会
濱野区長あいさつ五木寛之氏の講演来場者の様子テーマは「いまを生きる力」
7月31日(木)、スクエア荏原(荏原4-5-28)で直木賞作家 五木寛之さんによる「品川の生涯学習 特別講演会」が行われました。

濱野区長は、「人は、学んでいる間は成長できます。学ぶことは、若さを保ち、充実した人生を送るために大切なことです。今日の講演会をぜひ役立ててください」と、満員の来場者へあいさつしました。

講演会は「いまを生きる力」というテーマで行われました。
五木さんは、超高齢化時代を迎えた現代の生き方について、「医師や専門家によって意見が食い違っていたり、製薬会社による不正が発覚したりと、今は何を信頼すればいいか分からない時代」だとし、江戸時代の儒学者 貝原益軒(かいばらえきけん)の著書「養生訓(ようじょうくん)」から「命は天にあらず、我にあり」という一節を紹介。「『天命を待つ』とも言われるが、今の社会は自分で生きなければなりません」と、他人の意見に左右されず、自分で判断することの必要性を訴えました。

参加者は、五木さんの話に時折笑い声をあげながら興味深そうに聞き入っていました。