グローバルナビゲーション

親子で語学 in SHINAGAWA-SO~区民保養所を活用した疑似留学体験、英語漬けの4日間に出発

更新日:2014年8月5日

親子を前に檄を飛ばす陰山氏
話しを聞く親子檄を飛ばす陰山氏同行する外国人講師バスに乗り込む
8月5日(火)、8組の親子が海外留学の疑似体験、英語合宿「親子で語学 in SHINAGAWA-SO」に出発しました。

これは、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた語学習得機会の拡充事業として、学研教育出版とQQ Englishの協力を得て実施。区としては初めての試みで、日本の子どもたちにオンラインシステムを使用して英語を教えている3人の外国人講師を招き、百ます計算で有名な陰山英男氏監修による教育プログラムに基づいた学習を行います。

参加するのは公募による区内在住の小学1~3年生とその保護者。区の保養所である品川荘(静岡県伊東市)に宿泊し、3泊4日の合宿中はすべて英語を使って生活します。

出発にあたり陰山氏は「今回のプログラムは、日本では初めてのとてもハードな英語漬けの合宿です。一緒にがんばりましょう」と檄を飛ばし、参加者はスタッフと共にバスに乗り込み元気に出発しました。