グローバルナビゲーション

しながわ花海道で秋を代表する花コスモスが咲き始め

更新日:2014年8月20日

咲き始めた花海道のコスモス
勝島運河沿いに咲くコスモス清楚に咲き始めたコスモス咲き始めたコスモスキバナコスモス
8月20日(水)、勝島運河護岸の「しながわ花海道」(東大井2丁目・勝島1丁目)では秋を代表する花、コスモスが咲き始めました。

8月23日は二十四節気の処暑。ちょうどこの頃、夏の暑さも和らぐと言われています。しかし、一歩外へ出れば暑い夏の太陽が照り輝いています。そんな暑い中でも植物は季節が分かるのでしょうか。
去る6月に、地域の人たちと、地元の鮫浜小学校の児童と東大井保育園の園児が種まきをしたコスモスが、夏の暑さにも負けず元気に育ち、ちらほらと花を咲かせ始めました。

コスモスの花は、9月初旬頃から見頃を迎え、10月下旬まで楽しめます。

しながわ花海道は、勝島運河の土手約2キロメートルに造られた、1.5メートル四方の花壇で、約1,200区画あります。平成14年に地元の立会川商店街と鮫洲商店街が中心となって「勝島運河の土手をお花畑にしよう」を合言葉に「しながわ花海道プロジェクト」を立ち上げて始められたもので、個人や学校、企業などが種をまき、春には菜の花、秋にはコスモスの花を咲かせて、訪れる人々を楽しませています。