グローバルナビゲーション

八潮児童センターで「夏フェス ファッションショー」開催

更新日:2014年8月21日

ファッションショー ランウェイ
ランウェイでポーズ大きなデコバックとランウェイを歩く子どもたち全員で記念撮影
8月21日(木)、区立八潮児童センター(八潮5-10-27)で、同センターを利用している子どもと杉野服飾大学短期大学部(上大崎4-6-19)の学生がコラボした「2014夏フェス ファッションショー」が開催されました。

児童センターでは、日ごろ、子どもたちの仲間づくりや自主的な活動を促すため、主にスポーツ・音楽分野についての支援を行っていますが、今回、同大学とコラボすることによりデザイン分野の取り組みに着手しました。
品川区と杉野服飾大学短期大学部は、今年度「杉野服飾大学短期大学部学生の社会貢献活動に関する協定」を締結。服飾業界の魅力紹介ワークショップなどを展開し、今回のファッションショーもその一環として実施しました。

ファッションショーのステージでは、2歳から11歳までの子どもたち18人が事前にワークショップで完成させた「デコバッグ」を肩に、モデルさながらにランウェイを歩きました。ランウェイの先端でポーズを決めると、観客席からは大きな拍手が送られました。

ワークショップは、7月から8月にかけて行われ、布製のデコバッグづくりに取り組みました。子どもたちは、学生たちにアドバイスしてもらいながらデザインし、ミシンを使い、この日に間に合わせました。

初めてステージに立った7歳の女の子は、「緊張したけど楽しかった」と自作バッグを掲げ、誇らしげに話しました。