グローバルナビゲーション

五反田文化センターに「平和の誓い像」を設置 寄贈者に感謝状を贈呈

更新日:2014年8月27日

感謝状を胸に像の前で記念撮影
感謝状贈呈懇談の様子平和の誓い像
8月27日(水)、五反田文化センター(西五反田6-5-1)で、「平和の誓い像」の寄贈を受け、感謝状贈呈式を行いました。

この像は、東五反田にアトリエを開いていた彫刻家・故小金丸 幾久氏がJR大井町駅前等に設置した「平和の誓い像」の原型として作製し、その後自宅に保管していたもので、今回、故人の長女である鷹尾 民江さんが、平和事業の推進に役立ててもらいたいと区に寄贈しました。

感謝状を手渡された鷹尾さんは、「父が生きていれば来年で100歳になります。このタイミングで寄贈できたことをうれしく思います。五反田文化センターは、子どもたちも大勢訪れる施設なので、この像を見て平和について考えるきっかけとしてもらえればと思います」と話しました。

品川区は、来年で「非核平和都市品川宣言」30周年を迎えます。この記念すべき年に「平和の誓い像」の寄贈を受けたことに感謝し、引き続き様々な平和事業に取り組んでいきます。

「平和の誓い像」は、JR大井町駅前のほか、JR西大井駅前、大崎ニューシティ内にもミニチュアのブロンズ像が設置されています。