グローバルナビゲーション

「輝く笑顔! しながわフォトコンテスト」第1回 表彰式

更新日:2014年9月8日

「輝く笑顔!しながわフォトコンテスト」表彰式にて集合写真撮影
キッズ部門 最優秀賞を受賞した池田俊太さんファミリー・フレンド部門 最優秀賞を受賞した武田尚子さん表彰式の様子表彰式の様子
9月7日(日)、「輝く笑顔! しながわフォトコンテスト」第1回表彰式が、スクエア荏原(荏原4-5-8)で行われました。

品川区では、昭和49年に毎月第1日曜日を「家庭の日」と定め、明るい家庭づくり運動を推進しています。今年、「家庭の日」制定40周年を記念し、親子・家族・仲間の絆の大切さをあらためて考え、深めてもらおうと、フォトコンテストを実施。このコンテストは、一般の部「ファミリー・フレンド部門」と、18歳以下の方を対象とした「キッズ部門」の2部門で、7月から12月までの間に5回募集し、応募作品の中から、各回それぞれ最優秀賞1点・優秀賞5点・佳作7点を選定し表彰します。

今回、第1回目のコンテストでは、7月中旬から約1カ月の間に応募のあった作品で、テーマを「まち・うみ・やま なんてステキな夏休み」としたファミリー・フレンド部門に54作品、テーマを「僕たち・私たちの“しながわ”」としたキッズ部門に13作品、合計67作品の応募がありました。

表彰式には、受賞者のうち14人(キッズ部門3人、ファミリー・フレンド部門11人)が出席。式の冒頭、濱野区長が「今回、子どもの気持ちを表した作品、人と人がむつみ合う作品など素晴らしい作品を応募いただきました。家庭は、特に子どもにとってかけがえのないものです。毎月第1日曜日は、家族で語らう日、笑いあう日としてコミュニケーションを深めてください」とあいさつし、最優秀賞の賞状と賞品の区内共通商品券を授与しました。

キッズ部門では、品川区在住 高校3年生の池田俊太さんが、タイトル「居木神社 夏祭り」で最優秀賞を受賞。池田さんは「3年前から地元のお祭りで、父と一緒にみこしを担ぐようになり、今回、記念に撮った写真で応募しました。機会があれば、また応募したいです」と、笑顔で話していました。

ファミリー・フレンド部門では、品川区在住の武田尚子さんが、タイトル「これ、あげるね」で最優秀賞を受賞。武田さんは「家族が、区の広報紙で募集記事をみたのをきっかけに応募しました。家族で外出した時、買って間もないカメラで撮影した思い出の作品です。ありがとうございました」と、受賞を喜んでいました。

また、作品の選定にあたった審査委員長の日本画家 鳥山 玲さんは、「どの作品も素晴らしく、選考が大変でした。家族の愛情が感じられ、ほほ笑ましい作品が多く、作品から風やにぎやかな声を感じることができました。みなさん自信を持って、是非またチャレンジしてください」と講評しました。

今回受賞した優秀作品は、9月13日(土)から23日(火)まで、アトレ大井町3階セントラルガーデン(大井1-2-1)で展示され、また、品川区商店街連合会のホームページでも見ることができます。