グローバルナビゲーション

ケニア共和国国会議員団が品川資源化センターなどを視察

更新日:2014年9月16日

ごみ収集を視察
ごみ収集を視察品川資源化センターへ移動品川資源化センター内部を視察品川資源化センター内を視察
9月10日(水)、ケニア共和国の視察団が区を訪れ、区内のごみ収集の様子や品川資源化センターなどを視察しました。

この日訪れたのは、ケニア共和国の国会議員など12人。ケニアでもごみ問題は大きな課題となっていることから、東京の廃棄物処理、資源化の方法・技術を学ぶために来日しました。

最初に、ごみの各戸収集の様子を見学。曜日ごとに収集するごみの種類が違うことなどの説明を受け、集積所に出されたごみをごみ収集車に移す職員の様子などを興味深げに観察し、写真を撮っていました。

品川資源化センターでは、古紙の梱包やガラス瓶の選別、缶・ペットボトルの選別ラインなどを見学。職員の説明に熱心に耳を傾けていました。