グローバルナビゲーション

品川区三消防団合同点検

更新日:2014年9月22日

品川区三消防団合同点検 一斉放水
品川区三消防団合同点検 濱野区長あいさつ品川区三消防団合同点検 荏原消防団第4分団品川区三消防団合同点検 各建物の救出救護品川区三消防団合同点検 行進に備える消防団員
9月21日(日)、大井競馬場で、品川・大井・荏原の3消防団合同による「品川区三消防団合同点検」が行われました。

この点検は、消防団の災害時における消防・救護活動の技術や士気、消防団員が日頃から行っている防火・防災思想の普及啓発や区民への防災指導技能の状況確認、また、地域住民や関係機関の理解と協力を深めることを目的として、年1回実施されています。
3消防団のほか、消防署、町会関係者や消防少年団、東京消防庁災害時支援ボランティアなど、約300人が参加しました。

整然と並んだ3消防団による入場行進が行われた後、荏原消防団第4分団が可搬ポンプ操法を披露。同分団は、10月11日の東京都消防操法大会に品川区代表として出場する予定で、団員の迅速な動きに対し、会場からは拍手が起こりました。

そのほか披露された災害活動として、初期消火訓練、救出救護活動、応急救護活動などが行われ、消防団のほかに東京消防庁災害時支援ボランティア、消防少年団等も参加し、真剣に訓練に取り組んでいました。

訓練終了後、濱野区長は「炎天下の中の点検、お疲れさまでした。的確かつ迅速な活動を拝見しました。なお一層、品川区の安全・安心のためにご尽力いただければと思います」と述べました。