グローバルナビゲーション

品川区新聞配達員「しながわ・見守り隊」研修を実施

更新日:2014年9月22日

しながわ・見守り隊の研修の様子
協定書を手にする品川新聞組合と品川区しながわ・見守り隊 研修の様子しながわ・見守り隊 研修の様子しながわ・見守り隊 研修資料
9月22日(月)、荏原第五地域センター(二葉1-1-2)で、“しながわ・見守り隊”となる品川区新聞配達員を対象に、高齢者見守り事業の研修が行われました。

この事業は、高齢者の異変を早期に発見し、孤立死を防ぐことを目的とし、新聞配達員が高齢者宅への配達の際に、「新聞や郵便物がたまっている」「TVの音がするのに応答がない」などの異変を察知した場合、すぐに区に通報するというもの。9月1日(月)に、品川区、品川区新聞販売同業組合(品川新聞組合)、品川区社会福祉協議会の三者が、「民間企業と連携した高齢者等地域見守りネットワーク事業」に関する協定を締結したばかりです。

明日からの“しながわ・見守り隊”活動スタートを前に本日の研修が実施され、品川新聞組合加入の24店舗49人が参加。冒頭、同組合 里島 学 組合長が、「われわれ(新聞配達業)は、地域の見守りについて行動できる業界だと認識し、周囲から期待されているという高い意識を持って働いていただきたい」と組合員に熱く語りかけました。
 
研修は、品川区の高齢者の状況や特性、「見守りマニュアル」などについての講義形式。参加者は熱心にメモを取りながら説明を聞いていました。