グローバルナビゲーション

品川区民芸術祭2014 O美術館企画展「亀井武彦の玄亀ANIMA展」

更新日:2014年10月18日

日本画絵具とフランス紙の連作
テープカット山田副区長あいさつ亀井武彦さん墨描「笑」日本初公開「祈りの墨景」「四方の心象」墨描を鑑賞する人戸越GINZA
10月18日(土)から11月4日(火)まで、O(オー)美術館(大崎1-6-2)で企画展「亀井武彦の玄亀ANIMA展[よきことあれ]」を開催しています。

同企画展は、品川区民芸術祭2014の一環として開催するものです。今年で5回目を迎える品川区民芸術祭は、区民の誰もが気軽に参加・鑑賞できるイベントとして、また、質の高い文化・芸術に親しむ機会として、品川区ゆかりの芸術家の皆さんに協力をいただいて開催しています。
 
亀井武彦氏は、品川の戸越銀座に生まれ育った画家で、映像作家、墨描家でもあります。雅号は玄亀阿仁麿(げんきあにま)。身近なところでは、戸越銀座商店街の商栄会・銀六商店街ゾーンのアーチ「戸越GINZA」のロゴを手がけています。
今回は、亀井氏が国内外で創作した映像・墨描画・油煙墨画(キャンドルペインティング)など、独創的な作品を展示・上映。特に、ローソクの油煙で描いたキャンドルペインティングは世界でも唯一ともいわれ、とりわけ、連作「祈りの墨景」の多くは日本初公開の作品です。

一般公開に先立ち、10月17日(金)には内覧会が行われ、亀井武彦夫妻をはじめ、山田副区長、たけうち区議会副議長など多くの関係者が鑑賞しました。
オープニングセレモニーで山田副区長は、「世界を股にかけ、幅広い分野で活躍されている亀井先生の作品を多くの方に鑑賞していただきたい」と話し、「戸越GINZA」のロゴなど、亀井氏のまちづくりへの貢献も紹介しました。
亀井氏はあいさつで、「言葉になる前の直感やインスピレーションで作品を仕上げている」と話し、作品を言葉で説明することはせずに、各関係者へ感謝の言葉を述べました。サブタイトルの「よきことあれ」とは、展覧会に足を運び観覧した方に「佳き、善き、良き」ことがありますようにと感謝の気持ちを込めてつけたそうです。

10月19日(日)・11月1日(土)の午後2時からは、学芸員によるギャラリートーク(作家同席)も行われます。

【写真展の概要】
 開催期間:平成26年10月18日(土)~11月4日(火)
 開館時間:午前10時から午後6時
      ※10月24日・31日(金)は午後8時まで開館
      ※入館は、閉館時間の30分前まで
 休館日:木曜日
 観覧料:一般300円 高校生以下・障害者・70歳以上の方は無料
 会場:O美術館 品川区大崎1-6-2大崎ニューシティ2号館2階
 電話:03-3495-4040