グローバルナビゲーション

障害のある方も一緒に、みんなでグラウンド・ゴルフ

更新日:2014年11月7日

高齢者も一緒に助け合ってプレーする選手たち
一緒にプレーする濱野区長車いすでプレーする選手体育館も競技場にプレーを楽しむ選手たち
みんなでグラウンド・ゴルフ-障害のある方も気軽にスポーツを-が11月3日(祝)、旗台小学校(旗の台4-7-11)で開催されました。

この大会は、旗の台地区スポ・レク推進委員会が主催。毎年この時期に行なわれているもので、今回で17回目になります。

グラウンド・ゴルフは、昭和57年に開発されたニュースポーツで、高齢者や障害者など、身体にハンディキャップがあっても参加できるスポーツとして全国に広がり、現在では約20万人の競技人口を擁しています。

旗の台スポ・レクの中井会長が、手話を交えて開会宣言。濱野区長も地域の方と一緒にグラウンド・ゴルフを楽しみました。

会場には早朝から約70人の参加者が集まり、スポーツの秋を堪能しました。