グローバルナビゲーション

防災ポスターコンクール 表彰式

更新日:2014年11月18日

賞状を受ける受賞者
あいさつする桑村副区長桑村副区長から賞状を受け取る受賞者賞状を見る少女防災ポスターコンクール作品展
平成26年度防災ポスターコンクールの表彰式が11月17日(月)、区役所で行われ、受賞者41人が表彰されました。

このコンクールは防災意識の向上を目的に開催。区内小中学生から347点の応募があり、金賞3点を含む52点が受賞しました。

区立小中学校の図工・美術教師など5人で構成された審査会を経て、金賞3点(小学生2人、中学生1人)、銀賞10点(小学生5人、中学生5人)、銅賞39点(小学生19人、中学生20人)、計52点の作品が選ばれ、表彰式では、受賞者一人ひとりに桑村副区長から表彰状が手渡されました。

桑村副区長が「災害はいつ起こるかわかりません。今回の受賞をきっかけに、普段から防災について話してください」とあいさつ。また、審査員を務めた品川学園の原田 友恵教諭が「小学生の作品は、のびのびと表現されており、中学生の作品は、伝えたいメッセージを効果的に用い完成させています。今回の受賞を自信にして、これからの学校生活に活かしてください」と講評すると、受賞した児童・生徒たちは真剣な表情で話に聞き入っていました。