グローバルナビゲーション

スクエア荏原で避難体験コンサート~もしも、に備えて

更新日:2014年11月19日

頭を守り安全を図る観客たち
クレイバルスのショー中にスタッフが出てきて注意アナウンスをする様子スタッフの指示に従いホールから避難する観客スタッフの指示に従い避難する観客
スクエア荏原ひらつかホール(荏原4-5-28)で11月19日(水)、上演中に災害に見舞われた場合を想定した、観客参加型の避難訓練が開催されました。

コンサートや演劇などのイベントで使用されることが多い同ホールで、現実に近い状態で避難誘導訓練を行うことにより、スタッフの危機対応能力の向上を図るとともに、より安全な施設運営を目指すことが目的。この日は、日頃観客の対応にあたっているスタッフのみで避難・誘導にあたりました。

ご当地ヒーロー「クレイヴァルス」ショーが始まり20分、観客がショーに集中していると「地震発生」の館内放送が流れ、観客は手荷物を頭上に身の安全を図り次の指示を待ちました。

「火災発生」のアナウンスで、スタッフの誘導に従い観客や出演者は一斉に館外へ避難。避難場所に誘導されると、けがの有無やはぐれてしまった同伴者の確認などを行いました。またスタッフは、避難誘導のほか、通報訓練や初期消火訓練を実施しました。

参加した女性は「町会の防災訓練には参加したことがありますが、場所が変わるとやはりあわててしまいました」と振り返り、別の女性は「今日は訓練だと判っていたから指示があるまで座っていられましたが、実際に火災が起きたらじっとしていられないかもしれない。コンサートに行くことが多いので、今日は体験できて良かったです」と話しました。