グローバルナビゲーション

しながわ水族館でさかなクンが食育トークショー開催

更新日:2014年11月25日

さかなクンお魚クイズ
さかなクンのトークショーには大勢の人が集まったクイズに答える兄弟説明するさかなクンしなフィン特別展を見る来館者新たな撮影スポット アザラシのモニュメント
さかなクンが11月24日(祝)、オータムフェスタ「芸術と食の祭典inしながわ水族館」開催中のしながわ水族館(勝島3-2-1)に来館。食育に関するトークショーを行いました。

さかなクンは、「おいしいお魚は、魚屋さんや市場にいると思っていたけど、水族館にもいるんですね」と会場を笑わせ、「ヤマメは塩焼きがおいしいけれど、海に入ってサクラマスになると刺身がおいしい」など、飼育員の市川さんと一緒に魚の特性やおいしい食べ方を紹介しました。

お魚クイズでは「食べておいしいお魚」を出題。さかなクンが、ヒントを出しながらホワイトボードにイラストを書くと、子どもたちは競い合って手をあげていました。さかなクンスタイルでキメて来館した、栃木県在住のとわ君(7歳)、ゆあ君(4歳)兄弟は、冬になると脂がのっておいしくなる「鯉」を正解しましたが「煮付けやあらいにするとおいしいんだよ」と言われ、キョトンとする一幕もあり、お魚クイズは大いに盛り上がりました。

特別展示「しながわ水族館の食育の秋」では、「おいしく食べられる」魚や生物を展示。来場者は、シラウオやマアナゴ、ホヤなどを前に「どのような食べ方が一番おいしいか」という話題で盛り上がっていました。

さらにこの日、夏休み中に名前を募集していたしながわ水族館の公式キャラクターのネーミングが「しなフィン」と決まり、お披露目されました。しなフィンは、握手や写真撮影を求める人に囲まれ大人気でした。

また、アザラシ館にはアザラシのモニュメントも設置され、しながわ水族館に新たな撮影スポットが増えました。休日に、ご家族で出かけてみてはいかがでしょう。