グローバルナビゲーション

実りの秋 区民農園「マイガーデン南大井」収穫祭

更新日:2014年11月25日

マイガーデン南大井収穫祭
あいさつする桑村副区長品川かぶの説明をする野菜ソムリエ挨拶する高林会長マイガーデン南大井江戸野菜の販売抽選会
区内唯一の区民農園「マイガーデン南大井」で11月23日(日)、収穫祭が行われました。

このイベントは、収穫の喜びを分かちあいながら、農園の利用者と地域の方が交流してもらおうと毎年この時期に行われており、今年で6回目となりました。

天候に恵まれたこの日は、朝から大勢の人が集まり、大井第一町会連合会の高林会長は「区民農園マイガーデン南大井は希望者が多く、毎回高倍率となっています。様々な作物が作られている、皆さんの農園を今後ともかわいがってください」とあいさつ。マイガーデン南大井の写真パネルや江戸野菜の紹介コーナーも設けられ、品川カブ入りのトン汁などが振舞われました。

桑村副区長もお祝いに駆けつけ「今年は台風が多く、収穫を心配していましたが、マイガーデン南大井の作物は出来が良いということでホッとしています。収穫祭おめでとうございます」とお祝いの言葉を送りました。

野菜ソムリエによる江戸野菜講習会では、品川カブや馬込三尺人参を使った料理紹介。品川カブのステーキを食べた40代の女性は「こんな食べ方があったんですね。品川カブは初めて食べましたが、甘くておいしいです」と満足げに試食していました。

恒例となった高級果物などが当たる抽選券付きの江戸野菜の販売には、販売前に約60人が並び、すぐに完売となりました。

区民のみなさんに野菜などの栽培ができる場を提供するとともに、緑化推進を目的に平成20年にオープンした区民農園マイガーデン南大井は、毎年1月に利用者の募集が行われます。