グローバルナビゲーション

平成26年度 交通安全功労者表彰式

更新日:2014年11月26日

全員で記念写真
学校の部の表彰個人の部の表彰受賞者代表 岡崎邦夫さんの謝辞
平成26年度品川区交通安全功労者表彰式を11月26日(水)、区役所で開催し、「学校」の部で2校、「功労者、功労団体」の部で11人、1団体が表彰を受けました。

品川区は、昭和42(1967)年に人命尊重の基本理念に基づき「交通安全区」であることを宣言し、区民の皆さんの安全確保を第一に、春と秋の交通安全運動、交通安全区民のつどい、自転車安全利用キャンペーン等、様々な啓発事業を行っています。
交通安全功労者表彰もその一つで、長年にわたり交通安全の模範となってきた方や功績のあった方に対して、その功に報いるため毎年表彰を行っています。

桑村副区長は「区としても、交通事故のない社会を目指し、交通安全教育や啓発活動の充実、道路環境整備などの様々な対策を進めています。しかし、交通事故の防止は、町会、学校、事業所など地域の皆さん一体となって初めて実現できるものです。これからも、地域の交通安全の推進役としてより一層のご尽力をお願いします」と挨拶しました。

また、受賞者を代表して岡崎邦夫さんは「日頃より交通安全活動を行っていますが、それを認めていただき大変感謝しています。本日の受賞を励みとして、今後も交通安全に努めていきます。事故のない品川のため、微力ながら尽くしてまいります」と謝辞を述べました。