グローバルナビゲーション

師走の風景 戸越公園で門松づくり

更新日:2014年12月2日

ヒガンザクラと薬医門の門松
門松づくり こもを巻く門松づくり ひもで縛る完成した門松
12月2日(火)、区立戸越公園(豊町2-1)薬医門で、正月に向けての門松づくりが行われました。この門松は、1月6日(火)まで飾られます。

門松は、切り口を斜めにした3本の「竹」を、「松」で囲むように配置。その松を三階松という結び方でしっかり結び、下部はこもで巻いて、「梅」の結び目をつくり「松竹梅」を表現します。

また、薬医門前にあるヒマラヤザクラのうち1本は、ほぼ満開になり、季節はずれの花見を楽しむことができます。

【戸越公園】(交通:戸越公園駅、下神明駅から各徒歩約7分)
江戸時代、肥後国(熊本)藩主細川家の下屋敷の庭園跡を利用して造られた、区を代表する公園。池を中心に渓谷や滝、築山などの配置の中を一周する回遊式庭園で、薬医門(正門)、冠木門(東門)等、大名庭園の面影をとどめており、樹木はウメ、サクラ、シャクナゲ、イチョウなど、四季折々の花木が美しい公園として、区民に親しまれています。