グローバルナビゲーション

平成27年成人式記念式典 20年分のありがとう

更新日:2015年1月13日

あと2020日
品川女子学院の演奏実行委員区長あいさつ恩師を囲んで成長した教え子に驚き感謝の気持ちを投函家族へ感謝のはがきビンゴカード模擬選挙
20年分のありがとう~しながわっ子 羽ばたきます!~

品川区成人式記念式典が1月12日(祝・月)、きゅりあん(東大井5-18-1)で開催され、新成人2,552人のうち約1,320人が参加しました。この日は、2020年東京五輪・パラリンピック開催まで、あと2020日となる記念すべき日です。

今年の成人式は、公募による区内在住の新成人6人(男2人、女4人)の実行委員が企画・運営を担当。品川女子学院吹奏楽部の華やかな演奏で幕を開けました。 濱野区長が、「大人になるということは、自分の力で自分の人生を切り開いていくことです。ご家族への感謝の気持ちを忘れずに、みなさんのアイデア・元気を品川区のために生かしてください」と新成人を激励。石田議長は、「どんなことでも体験して、多くの仲間をつくってください」とメッセージを送りました。

実行委員が企画したイベントも大好評で、小・中学校時代の恩師と再会できる「成人と恩師 先生お久しぶりです 今日は私がしゃべります」では、卒業写真と見比べながら、成長した教え子の姿に驚く教員も。多くの新成人が、恩師を囲んで思出話に花を咲かせていました。

「感謝の気持ちをカタチに」のコーナーでは、お世話になった方への感謝の気持ちをはがきに書いて、手づくりのポストに投函。はがきは、後日、実際に郵送されます。

ビンゴ大会「思い出とともに 叫んでBINGO!」では、数字の代わりに、流行った映画・アニメタイトルやヒットソングなどを使用。ビンゴになった新成人は「20代を満喫するぞー」と威勢よく叫んでいました。

その他、品川区明るい選挙推進協議会による選挙啓発「模擬選挙」や品川区華道茶道文化協会による立礼式茶席も実施されました。