グローバルナビゲーション

特殊詐欺根絶パレードに“しなぼう”も参加

更新日:2015年2月12日

パレード
挨拶する石黒会長挨拶する荏原警察署長ピーポクンファミリーとしなぼう特殊詐欺根絶宣言パレードする荏原セーフティパトロールなどパレードするカラードと警視庁音楽隊
特殊詐欺根絶パレードが2月10日、武蔵小山パルム商店街で行われ、区の防犯マスコット“しなぼう”も参加しました。

これは荏原警察署が、振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺等の根絶を広くアピールするために開催したもので、この日は、周辺町会等からおよそ400人が参加しました。

パレードに先立ち行われた式典では、荏原警察署 長南署長が「管内では昨年、特殊詐欺に関し金融機関・コンビニなどの協力により、18件の被害を未然に食い止めることが出来ました。『悪い電話は元から断たなきゃダメ』です。自宅の電話は、非通知拒否設定にしましょう」と呼びかけ、荏原防犯協会 石井会長は「特殊詐欺は、絶対に許せない犯罪です」と力説し、住みよいまち荏原の実現をアピールしました。

その後、全員で「振り込め詐欺は許さないぞ」と、特殊詐欺根絶宣言を力強く叫びパレードに出発。今年は、ピーポ君ファミリーや警視庁音楽隊、警視庁音楽隊カラーガード(MEC)も参加し、商店街で買い物客などに特殊詐欺根絶を訴えました。