グローバルナビゲーション

「しながわ公園フォトコンテスト2014」授賞式

更新日:2015年2月25日

スマイルキッズ賞授賞
公園フォト大賞授賞花と緑の公園賞しながわ水族館賞授賞講評記念撮影公園フォト大賞受賞作品
しながわ公園フォトコンテスト2014の授賞式が2月25日(水)、区役所第三庁舎 環境情報活動センターで行われ、「公園フォト大賞」「フォトアート賞」「花と緑の公園賞」「しながわ水族館賞」「スマイルキッズ賞」のほか、入選5作品が表彰されました。

このコンテストは、写真撮影を通して区内の公園をはじめとするみどりや花に、より一層の愛着を持ってもらうことを目的として、毎年開催されています。今年は、応募された109点(一般の部88点、子どもの部21点)の中から、写真家の藤川邦夫さんや小金秀夫さんなどが審査し、各受賞作品を選定しました。

審査のポイントは、撮影技術だけではなく、公園に対する愛情が表現されていること。
デジカメボランティア会の志佐幹事は、「今年は、水彩画や油絵をイメージさせる作品や感性の良さを感じる子どもたちの作品が目に付きました。受賞作品は、いずれも撮影者の気持ちが伝わってくる作品ばかりです」と講評しました。

「公園フォト大賞」に輝いた作品「雪との語らい」は、雪の積もる大森貝塚遺跡庭園(大井6-21)を撮影したもので、撮影者の池田良二さんは「この庭園は、近所なのでよく撮影に行っていて、特に桜の季節がお気に入りなんです。今年は雪の時に撮影してみたが、雪の積もる庭園も素晴らしかった」と撮影時の状況を話していました。

今回受賞した10作品は、広報しながわ3月1日号に掲載されます。また、応募された全作品は、後日、区役所にて展示される予定です。