グローバルナビゲーション

大井庚塚町会「小学生路地マラソン大会」開催

更新日:2015年3月11日

スタートする1・2年生男子
コースを説明する榎本会長蛇行した路地を走る3・4年生曲がり角を走る1・2年生女子下り坂を駆け下りる5・6年生ゴールする児童表彰式賞状授与大井第一小の仲良し3人組ご当地キャラ「かのっち」と記念撮影
~防災・防犯の意識向上を目指して~

「庚塚(かのえづか)小学生路地マラソン大会」が3月8日(日)、鹿島庚塚児童遊園(大井7-29-11)と大井七丁目内の路地を使って開催され、大井第一小学校(大井6-1-32)と小中一貫校伊藤学園(大井5-1-37)の児童 約60人が出場したほか、約20人の保護者も誘導員のボランティアとして参加しました。

このマラソン大会は、「平成26年度東京都地域の底力再生事業助成」対象事業として、大井庚塚町会が主催したもので、今回が初めての開催。大井庚塚町会のある大井七丁目は、以前、大井・原の水神池(西大井3-1-5)と滝王子稲荷の池(大井5-12-8)から流れる2本の用水が合流していた畑地で、大井ニンジンや品川ネギなどの江戸野菜も栽培されていたそうです。現在は、住宅地として整備されていますが、あぜ道だった道幅2~3メートル程の狭く蛇行した路地や高低差のある土地は、当時の面影を残しています。

同町会の榎本敏 会長は、「災害時の避難経路や日頃の通学路として、道幅が狭く死角の多い路地は危険が多い。子どもたちがマラソンを楽しみながら、また、ボランティアや応援に来てくれる保護者も一緒になって、地域の路地の状況を理解して、防災・防犯の意識を高めてもらいたい」とマラソン大会の目的を語りました。また、「夏まつりのように、地域の子どもたちが楽しく参加できる町会行事になるように、毎年開催していきたい」と話していました。

大井第一小学校3年の仲良し3人組は、「景色が狭いなと感じた」「坂も多くて疲れたけど楽しかったよ」と感想を話しながら、お互いの完走をたたえていました。応援に訪れた大井七丁目在住の鈴木久美子さんは、「災害時に車が通れるのか不安な道もある。視界が悪く、車や自転車との出会い頭の事故も心配だと改めて感じた」と、普段歩いている路地を見つめ直していました。

この日が初お目見えとなる、同町会のご当地キャラ「かのっち」も会場を訪れ、大会を盛り上げていました。7年前に町会会館を建て直すとき、取り壊された旧会館から発見された半鐘がモデルになっています。半鐘は、現在も会館の玄関に吊るされ、火災がないように地域を見守っています。

大井七丁目は、平成27年度から「木密地域不燃化10年プロジェクト」の不燃化特区に指定されるとともに、区の細街路拡幅整備事業の助成対象地区にも指定され、今後、防災に対する本格的な整備が進められます。