グローバルナビゲーション

区立小学校卒業式 御殿山小は新校舎で

更新日:2015年4月17日

卒業証書授与
藤井校長式辞話を真剣に聞く卒業生たち卒業式の様子在校生から贈ることばを受ける濱野区長祝辞校歌斉唱
区立小学校31校と小中一貫校6校で3月24日(火)、卒業式が行われました。御殿山小学校(北品川5-2-6)では、4月から使用される新校舎の体育館で、2クラス48人に卒業証書が授与されました。

式には、保護者や地域の皆さん、在校生を代表して5年生が出席しました。国歌斉唱に続いて行われた卒業証書授与では、卒業生が将来の夢と、それをかなえるために中学校でしたいことを一人ひとり大きな声で発表。その後、藤井校長から卒業証書が手渡されました。

藤井校長は式辞の中で「(みなさんは)これまで家族の方々を含め、どれほどの支えを受けたでしょうか。これから20歳までの8年間は感謝を返していく『ご恩返し』の人生を歩んでほしい。20歳からの人生は一歩進んで、今までしてもらった様々なことを次世代の人たちにする『ご恩送り』をしてほしい」と話しました。

また、濱野区長は来賓挨拶として「夢を実現する上で素直さは大切な力となる。人の話を聞いたり、本を読んだりして素直に吸収することで、あきらめずに夢を追ってほしい」と、卒業生にエールを贈りました。