グローバルナビゲーション

小中一貫校の先駆けである日野学園が開校10周年

更新日:2015年5月16日

登壇し感謝の言葉を述べる3人の在校生代表
式辞を述べる西島校長記念品を贈呈する濱野区長記念合唱する児童生徒壇上で記念合唱する児童生徒折り鶴で制作したオブジェオブジェを構成する折り鶴
区立小中一貫校の日野学園(東五反田2-11-1 西島 勇 校長)が開校10周年を迎え、5月16日(土)記念式典が盛大に開催されました。

これは、児童・生徒たちに日野学園の生徒であることの誇りを感じさせ、地域に根ざした学校である日野学園を将来にわたって、「心のふるさと」とし慈しむ心を培うなどが目的。式典には、1~9年生の約千人が参加し、開校10周年を地域の方と一緒に祝いました。

出席者全員での国歌斉唱の後、西島校長が登壇し「日野学園の10歳の誕生日、今日は区切りのお祝いの日です」と児童・生徒に話しかけ「日野学園自体も全国初の施設一体型小中一貫校として大きな挑戦をしてきました。学校生活で皆さんが一生懸命に取り組むこと、新しいことにチャレンジすることが大切です。日野学園で学べることに自信と誇りをもって勉強・運動・行事に頑張りましょう。引き続き日本一の学校を目指し一緒に頑張りましょう」と式辞を述べました。

次に、来賓を代表し、濱野区長が「品川区が始めた小中一貫教育が、今では日本全体の教育のスタンダードの一つとなっています。上級生の皆さんは、しっかり下級生を見守り、また、2020年東京五輪・パラリンピックではボランティアなど何らかの形で関わってください。そのためにも日頃から英語や日本文化をしっかり学んでください」と祝辞を述べ、キャンパスバッグ等の記念品を贈呈しました。

引き続き、在校生の代表3人が登壇。4年生の谷口 悠真(たにぐち ゆうま)さんは「日野学園が大好きです」とし、給食や運動会など様々な活動の中で、多くの先輩と交流できるなどの事例をあげ「下級生の手本となるよう頑張ります」とあいさつ。7年生の飯田 美妃(いいだ みき)さんは「これからも日野学園の伝統を作っていけるよう頑張ります」とし、9年生の外岡 愛深(とのおか あやみ)さんは「最高学年としての責任の重さを強く感じています。記念すべき10周年で最高学年でいることをうれしく思います。これからの一年、後輩に尊敬され憧れとなる先輩を目指します」と感謝の気持ちなどを話しました。

最後に、全校生徒が夢を見つけ、夢に向かっていく思いを込め「すべての山に登れ」の記念合唱と、学園歌の斉唱で閉会しました。

また、校舎1階廊下には、“10周年おめでとう”という文字を折り紙の鶴であしらったオブジェが展示されていました。このオブジェは、日野学園児童生徒会役員の発案で生まれたもの。児童・生徒が一人ひとりが鶴に思いを込めて折りました。まだ鶴を折るのが難しい1年生は、6年生に教わりながら作成。「やさしさ」「感謝」「希望」などみんなの思いがたくさんつまった すてきなオブジェとなっています。


【小中一貫校】
区では、平成18年度から全ての公立小中学校で、小中一貫教育を展開。子どもたちの個性と能力を伸ばすため、小学校6年・中学校3年という壁を取り払い、区独自教科「市民科」の創設をはじめ9年間のカリキュラムを系統的・継続的に編成しているのが特徴。
日野学園は平成18年4月、第二日野小学校と日野中学校を母体に、全国初となる施設一体型小中一貫校として開校。現在、区には施設一体型小中一貫校が計6校あります。