グローバルナビゲーション

消費者月間特別講演会「菊地流!魅力的人生のススメ 身近な消費者問題の対処法」

更新日:2015年5月25日

特別講演会
オレオレ詐欺の解説講演する菊地弁護士メモを取る参加者
品川区消費者センター主催の消費者月間特別講演会が5月22日(金)、区役所第3庁舎講堂で開催されました。

講師を務めたのは、多数のメディアで活躍中の菊地幸夫 弁護士。実際に弁護士として対応した事例も紹介しながら、「身近な消費者問題の対処法」をテーマに講演を行いました。

なかでも、オレオレ詐欺の連絡役をしていた少年を担当した話では、詐欺グループの組織や手口について詳しく解説。詐欺グループは、細かく役割分担されていて、お互いに本名も知らない者同士がかかわっているため、組織ごと検挙するのが難しいことやだますためのシナリオを複数用意していることなど、分かりやすく説明していました。

また、1回だまされた人でも安心してはいけないと指摘。「NPO法人を名乗り、優秀な弁護団が詐欺被害者の救済に協力します、と話を持ち掛け、着手金として数十万円だましとられる」と、実際の被害例を具体的に紹介すると、参加者はメモを取りながら真剣に聞き入っていました。

品川区消費者センターでは、平成25年度に2,500件の消費者相談があり、26年度は2,800件と増加傾向にあります。高齢者の被害が増える一方、インターネット通販やエステ勧誘でのトラブルなど、若年層の被害も増えています。