グローバルナビゲーション

品川歴史館で夏休み子ども歴史展示「ちょっと古くて新しい 昭和の道具大集合」

更新日:2015年7月21日

三種の神器
展示を見る来場者黒電話やダイヤル式のテレビ1964年東京五輪の資料
夏休み子ども歴史展示「ちょっと古くて新しい 昭和の道具大集合」が7月18日(土)~9月27日(日)、品川歴史館(大井6-11-1)で開催されています。

展示会場では、洗濯板や氷式冷蔵庫のほか、戦後に新時代の生活必需品として宣伝されたテレビ・洗濯機・冷蔵庫の「三種の神器」などが展示。「三種の神器」やダイヤル式の黒電話などは実際に触れることができ、当時の生活を体感することが可能です。

その他、1964年東京オリンピックの資料や昭和時代に流行ったお菓子のパッケージ、メンコ、レコードなど数多く展示され、夏休み中の子どもだけではなく、世代を超えて、昭和へのタイムトラベルを楽しめる展示になっています。

【品川歴史館】
・時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・休館日 月曜日、7月21日(火)、9月22日(火)~24日(木)
・観覧料 小中学生:50円、一般:100円
     ※品川区立小中学生、70歳以上の方、障害のある方は無料