グローバルナビゲーション

清水台保育園で「世界となかよし~英語を使って楽しく遊ぼう~」がスタート

更新日:2015年7月23日

5色のカードゲーム
リズムに合わせて踊る園児たち大きなジェスチャーの講師園児たちの様子ハイタッチする園児と肩を落とす園児ABCの歌全員で英語の歌
園児が英語を体験する「世界となかよし~英語を使って楽しく遊ぼう~」が7月23日(木)、清水台保育園(荏原7-8-3)で行われ、同園の5歳児21人が参加しました。

このプログラムは、英語の歌やリズムに合わせて体を動かしたり、絵を見ながら発音をまねしたりすることによって、自然と英語に親しんでもらうことが目的。今年度は、清水台保育園でモデル事業として始められ、7月~翌年3月まで約30分間のカリキュラムを毎月2回、計18回実施される予定です。

「Hello!」と元気にあいさつしてスタート。天気について絵を見ながらクイズに答えたり、5色のカードを見ながら英語で発音したりと、子どもたちは楽しみながら初めて体験する英語の世界に引き込まれていきました。

5色のカードに隠した星を見つけるゲームでは、見事に星を見つけると講師とハイタッチ。英語特有の大きいジェスチャーにも慣れてきたのか、全身を使って喜びを表現していました。その他、ABCの歌を全員で合唱するなど、園児たちは目を輝かせながら英語の体験を楽しんでいました。