グローバルナビゲーション

荏原文化センター 荏原図書館 耐震化工事完了

更新日:2015年8月19日

荏原文化センター外観
談話コーナー料理講習室に設置されたピピッとコンロ多目的トイレデジタルサイネージ書籍消毒器に本を入れる職員特集本コーナー
荏原文化センター・荏原図書館(中延1-9-15)の耐震化工事が完了し、8月1日(土)から開館しています。

平成26年9月から耐震化工事のため休館していた同施設は、耐震化と共にバリアフリーにも配慮し、利用者にやさしい施設に生まれ変わりました。

温水プールの更衣室は、安全性を考慮し“すのこ”を使わない床に改良。料理講習室には、東京ガス株式会社の寄付により「ピピッとコンロ」が設置されました。多目的トイレも一新。車いすでも利用できるトイレやベビーチェア、介助シートも設置され、より多様な方が使用できるようになりました。

文化センターは、避暑シェルターにもなっています。受付前の、飲食も可能な談話コーナーは席数を増やしましたので、お気軽にご利用ください。

また、再開した荏原図書館は、一般書約61,000冊、児童書約22,000冊のほか雑誌143誌、新聞14紙を所蔵。CD、DVDの貸し出しも行っています。

新たに、持ち込みのパソコンが利用できる“調べもの席”を6席新設し、利用に際しては、雑誌コーナー前のタッチパネル式のデジタルサイネージで予約手続きを行います。このサイネージでは、席の予約のほか、図書館の利用案内やお知らせなどを確認することができます。カウンターでは、品川区の福祉施設で製作しているブックカバーやしおりを販売しています。

児童書コーナーには書籍消毒機を設置。書籍に風を当て、ごみやほこりを取り除くとともに紫外線による殺菌を行います。“おはなしのへや”では水曜日におはなし会を行いますので、ぜひご利用ください。