グローバルナビゲーション

役立ち隊と外国人が探索「しながわの新名所」

更新日:2015年8月28日

かわら割体験
富士塚を登る参拝前に身を清める鈴を鳴らして参拝一粒萬倍の泉で銭洗い運河を散策ドーナツを食べ歩き巨大パフェにチャレンジ韓国人の意見発表フィリピン人の感想
青少年地域貢献活動ボランティア“しながわ役立ち隊”と区職員ボランティア有志が8月26日(水)、外国人と一緒に区の新名所を探しました。参加したのは、フィリピン、ガーナ、パキスタン、韓国、オーストラリア、カナダの6カ国の外国人。あいにくの空模様でしたが、事前に役立ち隊と区職員ボランティア有志が目星をつけた新名所候補地を巡り、外国人たちに意見を求めました。

はじめに、品川神社に訪れ、手水舎での身の清め方に続いて「二礼二拍手一礼」など、神社での参拝の作法をレクチャーしました。
天王洲アイルでは、美しい運河風景などを堪能。午後には2組に分かれ、それぞれ戸越銀座商店街と、武蔵小山商店街のまち歩きを行いました。

その後、区役所に戻り役立ち隊と外国人たちの意見交換が始まりました。役立ち隊が、今回の候補地の感想や行きたい場所、食べたいものなどを質問すると、外国人たちは「神社は観光スポットとしても有名だが、参拝に作法があることを初めて知った」「テーマパークは1度行けば満足するが、商店街はいろいろなお店があって何度でも楽しめる」「今日はバスで移動をしたが、電車に乗っての移動の方がいろいろな体験ができる」「日本でしかできない初めての体験は思い出になる」など様々な意見や感想を話してくれました。

今日の探索や意見交換を参考にし、しながわ新名所ツアーのコースを作成。12月には実際に外国人旅行客を招き、観光ツアーを行います。