グローバルナビゲーション

JFAなでしこひろばin品川区少女サッカー講座 開講

更新日:2015年9月25日

なでしこひろば 少女サッカー講座
ゴールめざしてキックコーチの指導でドリブル練習攻守せめぎ合うドリブルでディフェンスを突破ゴールをめざす参加者全員で記念写真
「品川区少女サッカー講座」が、9月22日(火)、しながわ中央公園で開催され、約160人が参加しました。

「なでしこひろば」と銘打った講座は、小学生女子児童を対象とし、ジュニア育成を図ることを目的に、12月6日まで全11回の開催を予定しています。

公益財団法人 品川区スポーツ協会が主催し、品川区サッカー協会が主管、品川区少年サッカー連盟が全面的に協力しているもので、Jリーグ1部のFC東京からもコーチ陣を招くという本格的な内容となっています。

開会式で、品川区スポーツ協会 梅沢理事長は「多くの参加をいただき感謝しています。サッカーは、技術の向上はもとより、連携プレーが重要。チームワーク良くして、精一杯頑張ってください。また、より積極的に交流も図ってください」とあいさつしました。

参加者を代表して、河野実乃里さん(6年生)と三芝ひまりさん(6年生)が「最後まで一生懸命頑張ります。よろしくお願いします」と元気な宣誓をして、講座が始まりました。

1回目となったこの日は、ゲームの要素を取り入れたウオーミングアップやパスの基本練習をした後、ミニゲームを楽しみました。参加者たちは、コーチ陣の指導のもと、歓声を上げてボールを追いかけていました。

保護者からは「素晴らしい企画ですね。来年もぜひ継続して欲しい」という声が多く聞かれました。